施設について

施設基準

施設
利用者定数 60名
人員配置区分 療養型Ⅰ型 (看護6対1、看護4対1)
医師配置基準 基準型
栄養管理評価 栄養ケアマネジメント体制
病室 病床60床
1人部屋(12室)、2人部屋(4室)、4人部屋(10室)
※病室の面積は1人当たり、6.4m2以上を確保
その他
  • 生活保護指定医療機関
  • 生活保護指定介護機関
入所者の
平均介護度
要介護 4.7 (平成24年7月末現在)

介護療養型医療施設とは

介護療養型医療施設(かいごりょうようがたいりょうしせつ)とは、介護保険における施設サービスのひとつで、その名の通り、医療サービスに重点を置いた施設です。
医療法に基づき、要介護者に対し、医学的管理のもとに、介護、生活のお世話や、必要な医療を行う施設です。
介護療養型医療施設は、入所者の意思や人格を尊重し、常に入所者の立場に立ってサービスを提供することとされています。

施設には、療養病床老人性認知症疾患療養病棟という2種類があります。

療養病床は、主に療養上の医療を必要とする方のための施設で、病状が安定期にあり、長期間にわたる療養や介護が必要な方を入居対象とします。
寝たきりなどの要介護度の高い方が多く利用しています。

一方、老人性認知症疾患療養病棟は認知症を患っている方の精神的・身体的な療養を目的にした施設となっています。

介護療養型施設は、要支援度1、2の方はご利用できません。

▲このページの先頭へ